看護師からも指導されるレビトラ内服中の料理について

レビトラは、ドイツで開発をされた、バイアグラに次ぐED治療薬です。日本では2004年から輸入、販売が始まりました。しかしこの薬は保険診療外で自費での購入が基本となります。そしてこの薬の特徴は性的刺激を受けたときに、勃起することを補助してくれる薬だということです。その効果は実証されており、多くの人が購入を求め使用しているというのが現状です。購入できるところは、EDの治療を行う病院やクリニック、そしてインターネットなどで個人輸入の手続きをして購入することも可能です。しかし、この個人輸入の場合は、偽のレビトラでないか気を付ける必要があります。時には、品質の保証がきちんと確認されていない場合もあるのです。
またレビトラを内服する際に、気を付けることがいくつかあります。それはこの薬は、料理との関係があるので、きちんとした医師や看護師の指導を受けた上で、きちんと内服することが大切だということです。一番理想的な内服時間は、食前の20分から30分前といわれます。それはこの薬は料理の際に使用する油分やカロリーなどに影響を受けるからです。また食事中や食後に内服すると効果が出ないとも言われます。
またレビトラには10mgと20mgの種類がありますが、20mgの方は糖尿病の方にも効果があると言われているので、EDに悩む人は試してみる価値がありますね。
病院で処方してもらう場合には、看護師などから料理との関連性や内服の仕方について説明があることでしょう。せっかく自費購入をするのですから、誰もが最大限の効果をえたいと思っているはずです。もしも疑問があれば、薬を購入するときに、看護師に質問をしてもいいかもしれません。

ページトップへ